2018年 7月 20日 (金)

ハウスダスト吸引スピード1.5倍!空気洗浄には「速さ」が必要だ

印刷
「ツインルーバー」による2WAY気流で、ハウスダストの吸引をスピードアップ(写真は、「F‐VXH70‐K」)
「ツインルーバー」による2WAY気流で、ハウスダストの吸引をスピードアップ(写真は、「F‐VXH70‐K」)

   パナソニックは、新たに搭載した「ツインルーバー」で、ハウスダストの吸引スピードを約1.5倍にスピードアップして、空気の汚れを見回るパトロール運転時間を短縮したことで約60%の省エネを実現した加湿空気清浄機を、2012年9月10日に発売する。

   独自の吹出し口に設けた自動制御ルーバーを進化させ、従来1枚であったルーバーを2枚にした「ツインルーバー」を新たに搭載。吹出し風の風向と風量、風速を改善することで、床上のハウスダストの吸引スピードを約1.5倍アップした。

   これにより、生活スタイルによる空気の汚れ発生パターンを見極め、自動で電気のムダを省く「エコナビ」運転も進化し、約60%の省エネを実現した。

   さらに、新たに「衣類リフレッシュ」運転を搭載し、スーツや制服、コートなど家庭では洗いにくい衣類に付着したタバコ臭などのニオイを「ナノイー」ときれいな風で脱臭する。

   オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中