ニコン、アンドロイド搭載デジカメ Wi-Fi対応「COOLPIX S800c」

印刷

   ニコンイメージングジャパンは2012年9月下旬、基本ソフトウェア(OS)「アンドロイド」を搭載したコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S800c」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は4万8000円前後とみられる。

SNSに簡単アップロード

2色展開だ
2色展開だ

   アンドロイド2.3搭載でスマートフォンのような操作感と、Wi-Fi対応によりワイヤレスで快適なインターネット接続を実現したモデルだ。

   夜景や室内など光量の少ない場所でも高感度、低ノイズ撮影を可能にする有効画素数1602万画素の裏面照射型CMOSセンサーや、広角25ミリ相当から250ミリ相当(いずれも35ミリ判換算の焦点距離)の撮影画角をカバーする光学10倍ズームのNIKKORレンズ、フルHD動画撮影機能などを搭載している。

   また、撮影した高画質な写真や動画は、簡単なタッチ操作でスマートフォンのように、直接グーグルプラスやフェイスブック、ツイッターなどにアップロードできる。キーボード表示でテキスト入力も可能だ。

   ボディーカラーは、ホワイトとブラックの2種類。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中