水と塩だけで「発電」 アウトドアに便利な「LEDランタン」

印刷

   グリーンハウス(東京・渋谷区)は2012年9月中旬、水と塩で発電するLEDランタン「GH-LED10WBW」を発売する。価格はオープンだが、直販価格は3980円。

USB機器への充電も

非常時の備えにも
非常時の備えにも

   乾電池が不要で充電することもなく、本体に水と塩をいれるだけで発電するLEDランタンだ。マグネシウム(-)と炭素(+)の間に、電解液となる塩水を入れることでイオンが溶け出し、それが-から+に移動することにより電気が発生することを利用している。

   約8時間ごとに塩水の交換が必要だが、金属棒は1本(本体装着済み)で最長120時間の使用が可能だ。取り替え用の金属棒(980円)も販売される。

   また、発電した電気はLEDランタンを光らせるだけではなく、付属のUSBケーブルを使ってUSB機器への充電も行える。本体には持ち運び用のハンドルや壁掛け穴を搭載し、乾電池やバッテリーと異なり自然放電の心配がなく、海水でも発電できるので、「非常時の備えやアウトドアにも最適」という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中