2018年 7月 23日 (月)

低燃費化技術、全車に採用 スズキ新型「ワゴンR」

印刷

   スズキは、低燃費化技術や軽量化技術を盛り込んだ新型「ワゴンR」と新型「ワゴンRスティングレー」を発売する。

最大70キロ、車体を軽量化

写真は、ワゴンR FX(パールホワイト)
写真は、ワゴンR FX(パールホワイト)

   先進的な低燃費化技術「エネチャージ」「新アイドリングストップシステム」「エコクール」を全車に採用することで、NA(自然吸気)エンジン搭載車(2WD)で28.8キロ毎リットル、ターボエンジン搭載車(2WD)で26.8キロ毎リットルという低燃費を達成した。

   車体重量も780キロ(ワゴンR FX 2WD車)を実現するなど、最大70キロにも及ぶ車体の軽量化やパワートレインの高効率化、各部の摩擦抵抗低減など、「基礎技術を徹底して追求した」という。インテリアでは、ロングホイールベースの新プラットフォームを採用し、室内長、前後乗員間距離を拡大することで、広々とした室内空間を取り入れた。

   メーカー希望小売価格は、「ワゴンR」(2012年9月6日発売)が110万9850円~136万7100円、「ワゴンRスティングレー」(2012年9月19日発売)が133万3500円~161万3850円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中