2018年 7月 23日 (月)

練って食べれば味チェンジ 練り消しゴムのような「ねりけしガム」

印刷

   クラシエフーズ(東京都・港区)は、画材として使用され、文房具としても人気の「練り消しゴム」(ねりけし)の楽しさをガムにした「ねりけしガム」を、全国のスーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストアなどで2012年9月10日に発売する。

リンゴ味とブルーベリー味を練ればグレープ味へ

本当に練り消しゴムみたい…
本当に練り消しゴムみたい…

   「ねりけしガム」は伸ばしても縮まないガムベースを使用し、練り消しゴムのように長~く伸ばして楽しめる。

   また、ガムひと包みに赤のリンゴ味と青のブルーベリー味の2つのガムが入っており、その2つを混ぜ合わせて練れば、色は紫に、味はグレープ味にと変わる。しかも、ねりけしのように楽しく遊んだ後は、好みの大きさにちぎっておいしく食べられるそうだ。

   5粒入っており、希望小売価格は105円だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中