アニメ映画10月公開 桜庭一樹「伏」、電子書籍と文庫で同時発売

印刷

   寿美菜子、宮野真守ら豪華声優陣が登場することでも話題の文藝春秋創立90周年記念アニメ映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』(2012年10月20日公開)。この原作本である桜庭一樹著『伏 贋作・里見八犬伝』(文藝春秋、700円)が、9月4日の文庫本発売につづき、7日から電子書籍でも配信開始した。

滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」を新解釈

桜庭一樹『伏 贋作・里見八犬伝』
桜庭一樹『伏 贋作・里見八犬伝』

   2008年に『私の男』(文藝春秋)で第138回直木三十五賞を受賞した桜庭一樹さんによるエンターテインメント作品だ。

「舞台は江戸の街。人であって人でなく、犬の血が流れる異形の者・伏(ふせ)による凶悪事件が頻発し、幕府はその首に懸賞金をかけた。
   ちっちゃな女の子だが腕利きの猟師、浜路は浪人の兄に誘われ、伏を狩りに山から江戸へやってきた。そんな浜路に、瓦版の読売・冥土が伏にまつわる世にも不思議な物語を吹き込む。
   浜路は冥土に誘われた場所で、一匹の伏をみつけ、追いかけるうちに、伏とともに江戸の秘密の地下道へと落ちてしまう。真っ暗闇の中で、狩るものと狩られるものによる特別なひとときがおとずれた――」

という筋書きで、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」の「新解釈」を下敷きに、独自の世界を作り上げている。

   電子書籍は、楽天kobohontoなどのサービスで配信する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中