ホームレスが売る雑誌「ビッグイシュー」にオンライン版 編集長はイケダハヤトさん

印刷

   「ビッグイシュー 日本版」が2012年9月11日、オンライン版(http://bigissue-online.jp)を開始する。創刊9周年事業としておこなうもので、編集長はブロガーでITジャーナリストのイケダハヤトさんが務める。

仕事を提供し自立を応援

これまでのバックナンバーからえり抜きの記事を紹介
これまでのバックナンバーからえり抜きの記事を紹介

   これまでの「ビッグイシュー 日本版」バックナンバーから、えり抜きの記事を紹介する。今後は、独自記事の掲載も視野に入れるという。

   ビッグイシューは、ホームレスに救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供することで自立を応援する社会事業モデルで、日本では300円の雑誌1冊の販売につき半分以上の160円が販売者の収入となる。

   オンライン版の購読料は無料。その狙いは、販売者の売り上げにつながるよう、ビッグイシューの内容や販売をしている人の認知を高めることにある。ホームページでは、「販売場所マップやビッグイシュー本誌へのリンクなどもありますので、気に入っていただけた方はぜひ、お近くの販売所で販売者から購入頂ければ」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中