本屋でウクレレ? 異色の宝島社「ウクレレBOOK」を「作ってみた」

印刷

   ファッション誌などでおなじみの宝島社が、異色の「本」を刊行した。その名も『大人の工作キット ウクレレBOOK』(2012年8月24日発売、3500円)。自分だけの「手作り」ウクレレを組み立てるための材料と、弾き方指南・楽譜などがセットになった一冊だ。

   宝島社では260万部を突破した『スッキリ美顔ローラー』を始め、書店というルートを活用した「マルチメディア商品」に力を入れている。それにしても、「本」としてウクレレが売られるのはおそらく前代未聞だろう。記者も同著を入手し、ウクレレ作りに挑戦してみることにした。

本だけど中身は「ウクレレ」

キット内容。説明書も入っているが、本のほうが内容が詳しいのでそちらを参照しよう
キット内容。説明書も入っているが、本のほうが内容が詳しいのでそちらを参照しよう

   この商品では木製のボディーとネックのほか、弦巻(ペグ)、弦駒(ブリッジ)、弦、指板など、「ウクレレ」を作るために必要な材料が一通りすべてそろっている。あと必要となるのは、接着剤(木工用ボンド)やドライバー、物差しぐらいか。木づちやナイフなどもあれば便利だが、なくとも困らない。

ネックとボディーを接着。中心線を合わせる
ネックとボディーを接着。中心線を合わせる

   まずはボディーとネックを接着することから始める。ボンドで張り付け、木ねじで固定するだけだが、位置には要注意だ。次にブリッジを、説明書に記載されている通りの場所に接着する。うっかり忘れやすいので気をつけよう(記者は実際に忘れていた)。

塗装にはカラースプレーを使用した。換気には要注意
塗装にはカラースプレーを使用した。換気には要注意

   同著ではこの後、ウクレレ本体に色を塗ることを勧めている。ブラウン&ニスで木目調に決めるも良し、派手な色でポップにするも良しとのことなので、記者は好きな「ピンク」一色に塗ってみた。薄く重ね塗りにするのがコツだ。ちなみに今回は省略したが、しっかり下地を作ればより綺麗な仕上がりとなるという。

自分だけの「マイ・ウクレレ」に超満足

塗装が完了し、どピンクとなったウクレレにペグ装着。ここが一番大変かも
塗装が完了し、どピンクとなったウクレレにペグ装着。ここが一番大変かも

   塗装が乾いたら、ネックに金属製のペグを装着する。ネックにはすでにペグを差し込むための穴が開いているが、結構キツいので少し削る、あるいは木づちなどを使うのをお勧めする。ペグ部分はパーツが細かい上に多いので、なくさないよう注意が必要だ。またネジはしっかり締めよう。

指板と、すっかり忘れていたブリッジを接着。乾燥待ちも兼ねて、作業は翌日へ
指板と、すっかり忘れていたブリッジを接着。乾燥待ちも兼ねて、作業は翌日へ

   続いて、指板をネックに接着する。こちらはプラスチック製なので、固定できるまでじっくり乾燥させる。

翌日、ついに完成。ただしよく見ると1弦がまだゆるゆる(あとでペグを締めなおす)
翌日、ついに完成。ただしよく見ると1弦がまだゆるゆる(あとでペグを締めなおす)

   あとは弦を張るだけ。ブリッジに固定するため、片方の先端にビーズで結び目を作り、反対側をペグに巻きつけてゆく。最後にチューニングを合わせれば、完成だ。爪弾けば、ポロロン、とあのおなじみの音色が鳴る。

職場でウクレレを爪弾く記者。直後に「仕事しろ!」の声が
職場でウクレレを爪弾く記者。直後に「仕事しろ!」の声が

   製作時間は実働4時間ちょっとだろうか。手先の不器用さでは健さんにも負けない自信がある記者だが、比較的様になるものに仕上がったように思う。何より、自分が作ったと思えば愛着もひとしおだ。

   同著には「夜空ノムコウ」「ヘビーローテーション」などのヒット曲のTAB譜(ギター用譜面)も掲載されている。作って弾いて、長く楽しめそうな内容の「一冊」だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中