濡れた手でも操作OK アンドロイド搭載、ソニー「Xperia Tablet S」

印刷

   ソニーは2012年9月15日、アンドロイド搭載のタブレットデバイス「Xperia Tablet(エクスペリア タブレット)S」を発売する。

   価格はオープンだが、想定実売価格は16ギガバイトモデルが4万円前後、32ギガバイトモデルが4万8000円前後、64ギガバイトモデルが5万6000円前後とみられる。

厚さ約8.8ミリ、重さ約570グラム

持ちやすさも追求
持ちやすさも追求

   厚さ約8.8ミリ、重さ約570グラムという薄型かつ軽量のタブレットで、「JIS IPX4」相当の防滴性能を実現した。キッチンでレシピを見る際に濡れた手で操作できるし、ソファーに寝転んで電子書籍を読むといった場面でも使いやすい。背面には段のあるデザインを採用し、持ちやすさを追求した。

   また、ネットワークサービスプラットフォーム「ソニーエンタテインメントネットワーク」を通じて、最新の映画や音楽、ゲームなどが、1つのアカウントで楽しめるほか、ソニーのメディアアプリケーションにより、取り込んだ写真や動画などのコンテンツを管理したり、液晶テレビ「ブラビア」などの対応機器にボタンひとつで映し出したりすることが可能だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中