「自分に自信」は「からだケア」から ビジネスマン調査から浮かんだ傾向

印刷

   日常的に体を鍛えている、節制している(=からだをケアしている)ビジネスマンほど、体以外の部分にも自信が強い――そんな調査結果を、オムロンが2012年9月14日発表した。

   同社ではWellnessLINK対応でPC・スマートフォンでも簡単に体重データを管理できる「オムロン 体重体組成計 HBF-252F」、世界最薄・最軽量の手首式血圧計「オムロン 自動血圧計 HEM-6310F」といった製品を販売中で、調査はその発売に伴い、全国の30~49歳の男性500人を対象に実施された。

「自慢できる」中身、健康以外の「趣味」や「性格」も

画像は「オムロン 体重体組成計 HBF-252F」(9月3日発売)
画像は「オムロン 体重体組成計 HBF-252F」(9月3日発売)

   これによるとダイエット(23.8%)、ジョギング(16.6%)、スポーツ(14.8%)などなんらかの形で「からだのケア」を行っている人は約半数の44.6%だった。

   こうした「ケアをしている人」に、「あなたは自慢できるものがありますか?」と尋ねると、「ケアしていない人」の39.7%に対し、66.4%が「ある」と回答した。さらに具体的な「自慢」の中身を聞くと、トップは意外にも「趣味など」(28.3%)。次点こそ「健康」(23.3%)だが、以下は「性格」(19.3%)、「得意なものがある」(18.8%)と続き、「からだのケア」を行っている人は健康な上、それ以外の部分にも自信を持っている傾向が浮かび上がる。

   「ケア」を行う理由を具体的な行動別に聞くと、上位を占めたダイエット・ジョギング・スポーツではいずれも「体型維持」が最多で、「モテたいため」といった理由はいずれも少数派だった。またケアへの平均投資額は4243円だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中