2018年 7月 23日 (月)

絆伝えて11年目、「i」から「愛」へ 「愛のあるメール大賞」作品募集中!

印刷

   NTTドコモが2002年以来開催しているコンクール「iのあるメール大賞」が、11回目となる今回から「愛のあるメール大賞」と改名、2012年9月3日から「メール」の募集を受け付けている。

審査員は秋元康さんら、「オーディエンス賞」も新設

グランプリには賞金30万円
グランプリには賞金30万円

   2002年といえば、前年サービスが始まった「FOMA」のエリア拡大が進んでいた時期だ。

   それから10年、携帯電話によるコミュニケーションはさらに進化・多様化を遂げた。「うれしかった」「感動した」「ちょっぴり泣けてしまった」携帯メールの思い出を募ってきた同賞でも、今回からはSNS上でのメッセージ(受信先が特定されるものに限る)を新たに審査対象に加えている。

   またやはり新たな試みとして、今回から一般からのウェブ投票による「オーディエンス賞」を設けたほか、Twitter(ツイッター)上に自動的につぶやきを行うボットアカウント「愛のあるメール365」(@ainoarumail)を開設、過去10回の受賞作の配信・紹介も行う。

   審査員は作詞家の秋元康さん、作家・翻訳家の松本侑子さん、プロデューサーの丹羽多聞アンドリウさん、女優の堀北真希さん。グランプリには賞金30万円が贈られる。

   応募は10月31日まで。URLはhttp://ainoarumail.jp/

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中