戦国武将と飲み交わそう 日本酒「岡山戦国 宇喜多物語」

印刷

   辻本店(岡山・真庭市)は2012年9月15日、戦国武将・宇喜多家3人のイラストをラベルにした日本酒3種(各500ミリリットル)を、岡山県の蔵元「御前酒」から発売した。

それぞれの味に特長

趣向を凝らしたイラスト入り
趣向を凝らしたイラスト入り

   戦国時代屈指の知略をもって大名にまでのし上がった「宇喜多直家」。直家の息子であり、豊臣政権下の五大老の一人にも任ぜられ、宇喜多氏最後の当主、岡山城下町の基礎を築いた「宇喜多秀家」。美作の国(岡山・真庭市勝山)に生まれ、絶世の美人と言われたという直家の正室・秀家の実母の「おふく」。この3人のイラストをラベルにした純米酒が登場する。イラストは歴史・時代物の漫画家で有名な大竹直子氏が担当した。

   「宇喜多直家」の日本酒は、米の豊かな味わいと飲み応えのある酒質が、「宇喜多秀家」は、程よい米のうまみとすっきりとした後口が、「おふく」は、フレッシュな味わいとバランスの良さが、それぞれ特徴になっている。

   希望小売価格は、3本セット「岡山戦国 宇喜多物語」が2890円で、クリアケース入りの単品が980円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中