カニロボットが「キシャー!」?! 2つの腕を持つショベルカー

印刷

   日立建機(東京・文京区)は2012年9月14日、双腕仕様機「ZX135TF-3」(呼称:アスタコNEO)を発売した。標準小売価格は、2360万円。

多様な作業が可能

作業効率が向上
作業効率が向上

   13トン級油圧ショベルと同等のパワーを持つ主腕をベースに、さらに主腕を補助する副腕を組み合わせたショベルカーだ。

   単に2つのアタッチメントを同時に使用できるだけでなく、主腕でつかんだ対象物を副腕で切るなど、まるで人の両腕のように、より複雑な作業にも対応できるようにした。今まで複数の重機を用いたり、人手作業に頼っていたりした産業廃棄物の中間処理作業など、複雑な仕分け作業が「安全かつ効率的に行えるようになる」という。

   インターネット上では、

「かっこよすぎワロタwwwwww」
「『キシャー!!』という効果音が似合いそうw」
「やっぱり日本はこういうロボっぽいものを作るのが性にあってると思うわw」

などと盛り上がりをみせている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中