「両さんの町、亀有」もっと有名に 亀有の商店街が新「こち亀」グッズ発売

印刷

   JR亀有駅(東京・葛飾区)近くの7つの商店街で構成される亀有地区商店街協議会は、秋本治さんの人気マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のキャラクターグッズ2点を2012年9月21日、発売する。

抱きつき人形は「招き両さん」としても

画像上がマグネットバッジ、下が抱きつき人形
画像上がマグネットバッジ、下が抱きつき人形

   今回発売されるのは、「こち亀」の主人公「両津勘吉」の「抱きつき人形」と登場キャラ3人がモチーフになった「マグネットバッジ」だ。

   抱きつき人形は、付属のストローでふくらませて腕につけるなどして遊ぶことができるもの。マグネットバッジは、両津、秋本・カトリーヌ・麗子、中川圭一の3人がモチーフとなったもので、マグネット式のピンバッジとして使うことができる。

   商店街などの「こち亀みやげ販売店」と書かれた赤いのぼりがある店で買うことができる。価格は各500円。

   同協議会は、2006年に「両津勘吉銅像」を建設するなどこち亀にまつわる銅像14体を建てたほか、2010年ごろから貯金箱や携帯ストラップの販売など「こち亀」の町としてPRを行ってきた。今回の新商品開発について、「寅さんの町、柴又」に負けない「両さんの町、亀有」をアピールすることが狙いだ、と説明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中