「2400万画素」コンパクトに凝縮 デジイチ「ニコン D600」

印刷

   ニコンイメージングジャパンは2012年9月27日、「充実した基本性能」を備えたデジタル一眼レフカメラ「D600」を発売する。価格はオープンだが、ボディーのみの想定実売価格は22万円前後とみられる。

上位機種と同じ画像処理エンジン搭載

静止画も動画もOK
静止画も動画もOK

   幅141×高さ113×奥行き82ミリというコンパクトサイズと、約760グラム(本体のみ)という軽量化を実現しながらも、上位機種に迫るほどの性能が売りのモデルだ。

   有効画素数約2400万画素を誇る新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサーや、「D4」や「D800」などの上位機種と同じ画像処理エンジン「EXPEED 3」、視野率約100%の光学ファインダー、大画面で視認性に優れた広視野角3.2型液晶モニターを搭載している。

   また、約2400万画素という高画素を生かした高精細なフルハイビジョン動画(1920×1080、30p)に対応しているほか、撮影用途に応じて「FXベースの動画フォーマット」と「DXベースの動画フォーマット」の使い分けができる「マルチエリアモードフルHD Dムービー」を搭載することで、静止画だけでなく、動画撮影機能の利便性も高めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中