「もっとも小さな」フォルクスワーゲン 新型スモールカー「up!」

印刷

   フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2012年10月1日、フォルクスワーゲンとしてもっともコンパクトなサイズとなる新型スモールカー「up!」(アップ!)を発売する。

「低速域追突回避・軽減ブレーキ」を全車標準採用

写真は、2ドア「move up!」(アクセサリー装着車)
写真は、2ドア「move up!」(アクセサリー装着車)

   全長3545ミリ×全幅1650ミリと、外観サイズが「ポロ」から全長450ミリ、全幅35ミリ小さくなっていながらも、タイヤをボディーの四隅に配置し、エンジンのレイアウトを工夫するなどして、居住空間を最大化し、「大人4人と小旅行の荷物を搭載するラゲージスペース」を確保した。

   また、時速約5~30キロ未満で走行中、10メートル前方までの障害物を検知した場合、自動でブレーキをかけ追突を回避、または衝撃を軽減する「シティエマージェンシーブレーキ」(低速域追突回避・軽減ブレーキ)を全車標準採用している。

   新開発の1リッターエンジン(55キロワット/75PS)と、軽量かつ高効率な5速自動変速トランスミッションASGを組み合わせることで、23.1キロ毎リットル(JC08 モード)という燃費を実現した。

   ラインアップには、2ドアに「move up!」(ムーブアップ!、149万円)、4ドアに「move up!」(168万円)と装備の充実した「high up!」(ハイ アップ!、183万円)という計2グレード3タイプが用意された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中