習熟度にあわせて使える アドビ、画像編集ソフト「Photoshop Elements11」発表

印刷

   アドビシステムズは、画像編集ソフト「Adobe Photoshop Elements11」(フォトショップ・エレメンツ)の日本語版を2012年10月12日に発売する。9月25日発表し、同日からオンラインストアのアドビストアで予約を受付中だ。

「クイック」、「ガイド」、「エキスパート」の3モード選択

フォトショップ・エレメンツ11の日本語版発売へ
フォトショップ・エレメンツ11の日本語版発売へ

   フォトショップ・エレメンツは、同社のプロフェッショナル用画像編集ソフト「Adobe Photoshop」(フォトショップ)をベースに開発された。入門版の位置づけで、ワンクリックオプション、便利なアクションバー、大きく目立つアイコン等が特徴だ。

   「11」では、新たにユーザーの習熟度に合わせて「クイック」、「ガイド」、「エキスパート」の3つの編集モードを設け、インターフェースを選択できるようになった。チルトシフト、ビネット効果、ハイキー/ローキーなど、プロ使用の効果を簡単に適用できるようになったほか、ジオラグに対応し、SNSとの連携も強化された。

   WindowsとMac OSに対応。価格は、各1万4490円で、乗り換え・アップグレード版が1万290円。

   なお、フォトショップ・エレメンツと、同日発売の動画編集ソフト「Adobe Premire Elements11」(プレミア・エレメンツ)の2本セットは2万790円(乗り換え・アップグレード版1万5540円)で、学生・教職員個人には1万290円で提供する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中