有機EL照明はクリエーターにとって今が「使い時」 猪子寿之&高橋智隆対談

印刷

   LEDに続く次世代の照明「有機EL」を、時代の先端を行くクリエーターはどう見るのか――有機EL照明や明かりに関する座談会・インタビューなどを展開するコニカミノルタの「未来のあかりプロジェクト」では第3弾として、チームラボ代表・猪子寿之さんとロボットクリエーター・高橋智隆さんの対談動画を、2012年9月27日ウェブサイトで公開した。

   仏「LAVAL VIRTUAL」の「建築・芸術・文化賞」など受賞歴も多い猪子さん、そしてユニークなヒューマノイドロボットの開発者として知られる高橋さん。一見「照明」とはあまり縁のなさそうな分野で活躍する2人だが、有機ELには大きな可能性を感じているようだ。

「映像も照明も、最後のアウトプットは光」

有機EL証明について論じ合った猪子さん、高橋さん
有機EL照明について論じ合った猪子さん、高橋さん

   猪子さんは「有機EL照明は軽いので、表現の幅が増えるので前から使いたいとは思っていた」という。「ディスプレーにしても、プロジェクターにしても、最後のアウトプットは光」だと語る猪子さんは、クリエーターとしての立場から有機EL照明の「熱を帯びにくい」「電気をあまり使わない」といった特色を高く評価した。

   一方の高橋さんも「クリエイティビリティが実現できる技術になってきている」と、自らのロボットへの有機EL照明活用に意欲を見せる。

「こういう新しいテクノロジーは、我々にとって使い時というものがある。ギリギリ光っているとか、ギリギリで動くといった状態では使いようがない。逆に普及しすぎてしまうと作品に使っても面白みがなくなる。そういう意味では、有機EL照明はちょうど、使いごろになってきているのでは」

「未来のあかりプロジェクト」一般からもアイデア募集

   そんな有機EL照明には、具体的にどんな活用法があるのだろうか。同プロジェクトでは11月1日から、そのアイデアを一般から募集する「未来のあかりアワード」を開催する。優れたアイデアについては、試作品の製作・公開も行う予定だ。期間は12月3日まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中