あなたもできる!バウアー流仕事術3か条 ※ただしタフガイに限る

印刷

   口うるさい上司や面倒な同僚、あるいは難儀な仕事先に頭を抱えるあなたに、うってつけのお手本がある。米ドラマ「24―twenty four―」の主人公ジャック・バウアーだ。

   阪急コミュニケーションズの『タフガイの仕事術』(フェルナンド・モンテロ、ラファエル・ガラン共著、宮崎真紀訳)によれば、バウアーは「社員の鑑」だという。同著から、明日から実行できそうな(?)バウアー流の仕事術を紹介したい。

バウアーこそは「社員の鑑」だ

『タフガイの仕事術』(フェルナンド・モンテロ、ラファエル・ガラン共著、宮崎真紀訳、阪急コミュニケーションズ)
『タフガイの仕事術』(フェルナンド・モンテロ、ラファエル・ガラン共著、宮崎真紀訳、阪急コミュニケーションズ)

(1)上司の操り人形にはならない

   合衆国のエージェントとして、過酷な任務を次から次に引き受け、苛烈な拷問や裏切りに遭いながらも、完璧に仕事をこなし続けるバウアー。著者が中でも注目するのは、彼が決して上司の操り人形にならないところだ。

   もちろんそのためには常日頃から上司相手にも断固たる態度を示し、同時に一目置かれる知的さをアピールする必要がある。たとえば上司から「●●●も知らないのか」と怒鳴られたら、バウアーのようにこう返してみよう。

「あんたが説明しないからだよ。5秒やるから頼む」

(2)大統領が相手でも自分のやり方を貫く

   「24」の作中、バウアーが内通者を拷問にかける場面がある。あと一歩で情報を吐く――そんなところへ、大統領からの中止命令が。

   自分の進めてきた仕事に、上の横やりが入ることはしばしばだ。しかしバウアーは大統領からの電話を切り、拷問を続けた。どんなに立場が上の人間を前にしても、自分のやり方を貫く。これこそが、まさにタフガイのタフガイたる所以だ。

「今日俺は、あることのために命を捧げる。怖くはない。自分のやり方で死ねるからだ」

プラス面に焦点を当てて報告しよう

(3)上司への報告は大切に

   一方でバウアーは命令系統を尊重し、特に上司への報告は大切にする。そのポイントは、

・タイミングを見計らい、相手の都合を確認する
・プラス面に焦点を当て、うまくいったこと、どう問題を解決したかを話す
・ネガティブな反応にもポジティブに返す

といったところ。

   さあ、あなたも上司に電話をかけて、バウアーのようにこう切り出してみよう。

「俺だ」

   いかがだったろうか。『タフガイの仕事術』にはこのほか、「ダイハード」「ダーティーハリー」「ゴッドファーザー」「スター・ウォーズ」などの映画・ドラマの登場人物に学ぶ仕事術が多数紹介されている。価格は1680円。2012年8月18日、刊行された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中