「ラベンダー」も登場 「ほんのりハーブが香るマスク」に新3種

印刷

   興和(名古屋市)は、2011年10月から発売中の「ほんのりハーブが香るマスク」シリーズに2012年10月、「ラベンダー」「カモミール」「ベルガモット」の香りを追加し、新発売する。

マスクたたくと香りが復活

どの香りで安らぐ?
どの香りで安らぐ?

   空気中のほこりや花粉、ウイルスなどをカットすることはもとより、マスクをたたくと、ハーブの香りを閉じ込めたマイクロカプセルがはじけて、ハーブの良い香りに包まれる。また、香りが弱くなった時も、マスクをたたくことで香りが復活する。

   新発売のラベンダーは清楚で穏やかな香り。カモミールの香りは甘酸っぱくてやさしく、ベルガモットは清々しくフレッシュだ。

   通勤時や風邪対策、就寝時など、様々なシーンでアロマを楽しめる。

   さらに、メイクがおちにくいプロテクトコートを施しており、口もと空間もたっぷりで口紅うつりをカット。呼吸も楽に行えるよう設計されている。

   それぞれ3枚入りで価格は473円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中