2018年 6月 19日 (火)

孫社長「3位という言葉は嫌いだ!いつか1位に」 イー・アクセス買収で気炎

印刷

   携帯電話業界4位のイー・アクセス(東京・港区)を完全子会社化すると発表した同3位、ソフトバンクの孫正義社長は2012年10月1日、「僕は3位という言葉は嫌いだ! せめて2位になりたい。いつかは1位になる」と気炎を上げた。

テザリング開始、12月15日へ前倒し

経営統合はiPhone5めぐるLTE戦争の決定打となるか
経営統合はiPhone5めぐるLTE戦争の決定打となるか

   経営統合により契約数は3911万人(ウィルコムを含む)に達し、auの3589万人を超える「業界2位」(孫社長)となる。孫社長は1日の会見で、経営統合を決断した理由について、iPhone5発売以来の、auとの「LTE」をめぐる競争を挙げた。

   両社ではともに2.1GHzの周波数帯でLTEを展開しているが、ソフトバンクではさらにイー・アクセスが使用している1.7GHzの周波数帯を陣営に加え、「LTEのダブルエンジン」(孫社長)とすることで、auとの競争を優位に進める考えだ。

   イー・アクセスが有するLTE網を活用できることを背景に、テザリング開始日も2012年12月15日まで前倒し、さらに「パケット定額」プラン時の通信量1.2GBを超えた場合の速度制限についても1日以降、各社並みの1GB/3日間をラインとする。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中