重松清作品、『トワイライト』など電子書籍化 2週連続発売で計8冊

印刷
『季節風 春』
『季節風 春』

   文藝春秋は2週連続で、電子書籍化した重松清さんの作品計8冊を発売する。「文春電子書籍重松フェア」といった趣だ。重松さんは、第44回吉川英治文学賞(『十字架』、2010年)の受賞などで知られる。第2弾の発売は2012年10月5日。

   5日に配信が始まる4冊は、『季節風 春』など夏、秋、冬の『季節風』シリーズだ。

   第1弾の4冊は、9月28日から発売している。『いとしのヒナゴン』(上下)と『トワイライト』(700円)、『口笛ふいて』(610円)。いずれも、楽天koboなど主要電子書店で購入できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中