家庭で楽しむ3D映像の明るさアップ! エプソンの新ホームシアタープロジェクター

印刷

   エプソンは3D対応のホームシアタープロジェクター「EH-TW8100W/EH-TW8100」を2012年10月17日に、「EH-TW6100W/EH-TW6100」と「EH-TW510S/ EH-TW510」を11月30日に発売する(オープン価格)。

スタンダードモデルは2.7キロのコンパクトサイズ

ホームシアタープロジェクター「EH-TW8100W」
ホームシアタープロジェクター「EH-TW8100W」

   上位モデルの「8100W/8100」と「6100W/6100」は、従来機と同様に「Bright 3D Drive」を搭載しており、明るく鮮やかな3D映像が特徴。480ヘルツ駆動に合わせた光学エンジンの最適化や、3Dメガネの改良によって映像の明るさがさらに最大15%向上した。はっきりとした映像を実現する「超解像度技術」と、2Dの映像を3Dとして視聴できる「2D-3D変換機能」も備えている。

   Wireless HDを標準搭載している「8100W」「6100W」は、同梱のWireless HDトランスミッターをBDプレーヤーなどに接続して、映像を劣化させずにワイヤレス再生できる。

   スタンダードモデルの「510S/510」は、重さ約2.7キロのコンパクトサイズで持ち運びやすく、手軽に3D映像を楽しめる。

   またこの新商品を体感できる「エプソン 3Dプロジェクター体感イベント」を11月23日から11月29日まで、東京スカイツリー イーストタワー5階で実施予定。入場無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中