MNP12か月連続auが1位 純増数1位はソフトバンク

印刷

   KDDIは2012年10月5日、番号ポータビリティ(MNP)9月の利用数が9万5300件の転入超過なったと明らかにした。12か月連続の首位。ソフトバンクモバイルは1200件の転入超過で、NTTドコモは9万5200件の転出超過となっている。

ソフトバンクからKDDIへの乗り換え「(8月比)3倍以上」

   今回のKDDIの転入超過数は、2007年3月に記録した14万8200件以来の好調な結果だ。この背景をKDDI広報部に取材すると、9月21日に発売したiPhone5(アイフォーン5)の効果だと言い切る。同じくアイフォーン5を扱っているソフトバンクモバイルからKDDIへの乗り換えは「8月と比較して3倍以上」になったという。

   高速データ通信サービス「4G LTE」がスタートしたことに加え、アイフォーン5のテザリングや緊急地震速報などの機能対応をソフトバンクに先駆けて行ったことで、「最初に買ったときからすべての機能が使えるというのが訴求力となった」(同担当者)。

   さらに、ソフトバンクのアイフォーン5と比べてKDDIは電池のもちが良いと話す。「LTEのエリアに入るとネットワーク側から端末に知らせるため、従来のように常に電波を探し続ける無駄がない」。また、料金面ではMNP利用者に向けた「女子割・男子割」が認知され、「auスマートバリュー」とあわせて利用者増に貢献した。

   一方、9月の携帯電話の純増数は10月5日の電気通信事業者協会の発表によると、ソフトバンクモバイルの32万200件が首位。2位のKDDIは22万4900件の純増で、3位のNTTドコモは15万8600件という結果だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中