ルックチョコレートで世界旅行気分 第1弾テーマはベルギー「スペキュロス」

印刷

   不二家から、世界各国の菓子をルックチョコレートの世界観で表現し紹介していくチョコレート旅行記シリーズの第1弾、「ルックチョコレート旅行記(ベルギー編)」が2012年10月2日に発売された。

クリームの味わいとビスケットの食感

「ルックチョコレート旅行記(ベルギー編)」
「ルックチョコレート旅行記(ベルギー編)」

   今回のシリーズは旅がコンセプト。旅先で出会うお菓子をルックチョコレートで紹介することによって、手軽に旅のワクワク感を楽しんでもらおうというものだ。

   第1弾のテーマは、チョコレートの本場ベルギーの伝統菓子「スペキュロス」。

   シナモンなどで風味を付けたカラメル味のカリッとした食感が特徴のクッキー、スペキュロス。これを砕いて混ぜたクリームを、ミルクチョコレートで包み込んだ。

   クリームの味わいとビスケットの食感が楽しめるワンランク上のルックチョコレートは、キャラメルクリームとカフェクリーム両方が味わえる。

   価格は126円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中