2018年 7月 21日 (土)

高速オートフォーカスが魅力 コンデジ「PowerShot G15」

印刷

   キヤノンは2012年10月中旬、大口径F1.8レンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「PowerShot G15」を発売する。価格はオープンだが、直販価格は5万9980円。

最短1センチのマクロ撮影も

大口径F1.8レンズ搭載
大口径F1.8レンズ搭載

   本格的なマニュアル撮影機能や拡張性を備えた「PowerShot G12」(2010年10月発売)の後継機種だ。28-140ミリ相当の光学5倍ズームでありながら、F1.8-F2.8と広角端から望遠端まで明るいレンズを搭載し、最短で1センチ(広角端)のマクロ撮影が可能となっている。

   オートフォーカス・アルゴリズムの改善や、撮像素子からのデータ読み出し速度の向上により、オートフォーカス時間は0.17秒(広角端)と、従来機種「G12」に比べ約53%短縮。これに伴って、撮影タイムラグも従来機種の0.40秒から0.22秒(広角端)へと大幅に短縮させている。

   また、新開発の1/1.7型高感度CMOSセンサーと高性能映像エンジン「DIGIC 5」との組み合わせにより、常用ISO感度は最高ISO 12800まで向上し、「暗いシーンや動いている被写体の撮影時においても、ノイズやブレを抑えて撮影できる」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中