BMW「7シリーズ」がマイナーチェンジ 燃費最大約50%改善

印刷

   BMWは2012年9月26日、フラッグシップモデル「7シリーズ」をマイナーチェンジし、発売した。メーカー希望小売価格は、1022万~1958万円。

独創的デザインの「LEDヘッドライト」採用

1022万円から
1022万円から

   「フラッグシップモデルに相応しい存在感とスポーツ性を一層高めた」という今回の7シリーズでは、独創的なデザインのLEDヘッドライトを新たに採用し、ダイナミックかつ力強いフロントビューをさらに強調させている。

   新世代の直列6気筒およびV型8気筒ツインパワーターボエンジンを搭載したほか、全モデルに高効率8速オートマチックトランスミッションを採用するなど、環境性能と動力性能の向上を実現したことにより、ガソリンエンジンモデルの燃料消費率(JC08モード)は、先代モデルに比べ最大約50%改善した。

   また、7シリーズの中核モデル「アクティブハイブリッド7」と「アクティブハイブリッド7 L」には、新たに直列6気筒エンジンを組み合わせたフルハイブリッドシステムを搭載することで、14.2キロ毎リットルという燃料消費率(JC08モード)を達成している。両モデルには、右ハンドル仕様も加わった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中