2018年 7月 21日 (土)

迫力ある体感映像、高画質で ソニー小型軽量「アクションカム」

印刷

   ソニーは2012年10月12日、アウトドアで迫力ある体感映像を高画質に撮影できるアクションカム、デジタルハイビジョン(HD)ビデオカメラレコーダー「HDR-AS15」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は3万円前後とみられる。

最大170度まで広角撮影

装着イメージ
装着イメージ

   独自の総画素数約1680万裏面照射型「Exmor R」(エクスモア アール)CMOSイメージセンサーと、「カールツァイス テッサーレンズ」を搭載し、暗いシーンでもフルHDの高画質撮影が可能だ。

   動きながらでも滑らかな撮影ができる手ブレ補正機能のほか、目の前の風景を最大170度まで広角に撮影できるなど、「アクティブなスポーツシーンでの使用に最適なモデル」という。付属のウォータープルーフケースを装着すれば、水深60メートルまでの水中撮影が行える。

   またWi-Fiに対応し、無料モバイルアプリケーション「PlayMemories Mobile」(プレイメモリーズモバイル)により、スマートフォンやタブレットからモニタリングしながら、録画の開始・停止などといったコントロールができるだけでなく、撮影した動画をスマートフォンやタブレットに転送することも可能だ。

   本体重量90グラムで、サイズは幅24.5×高さ47.0×奥行き82.0ミリ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中