【書評ウォッチ】新卒ニート3万人の危機 原因は企業か大学か

印刷

   大学の「新卒ニート3万人」といわれる時代。働く意欲はあっても仕事がないのは企業のせいか、大学の責任か、ほかの何かがいけないのか。関連本が日経新聞読書面トップに載った。なんとかしなければと言われながら、こんな状態がすっかり定着。改善に社会の本気度が問われる。それとも、もう仕方ない?【2012年10月7日(日)の各紙からII】

「働く場への移行が機能不全」

『若者はなぜ「就職」できなくなったのか』(児美川孝一郎著、日本図書センター)
『若者はなぜ「就職」できなくなったのか』(児美川孝一郎著、日本図書センター)

   この春に大学を卒業したのは約56万人。15・5%の8万5000人が進学も就職もしなかった(文部科学省の学校基本調査)。ニートは「働く意欲のない若者」とされるが、意欲があっても仕事がなければ、どうしようもない。これを評者・慶応大学の太田聰一さんは「就業意欲の低下よりもむしろ、大学から働く場への移行が機能不全を起こしている」と見る。

   企業が非正社員を増やしたのは確かだが、大学側にも問題があるという批判も強まっているのだ。進学率が上がり、以前なら学力が達しなかった人までが大学に入る。「エンプロイアビリティ」と横文字をあてるまでもなく、「雇用される能力のある学生がどこまでいるか」との声が経済界にある。

   『若者はなぜ「就職」できなくなったのか』(児美川孝一郎著、日本図書センター)は、就職のためだけのキャリア教育の落とし穴を指摘。社会や職業の知識、さらには労働者の権利などについての情報を与えるべきだと強調する。

   『大学キャリアセンターのぶっちゃけ話』(沢田健太著、ソフトバンク新書)は、大学発表の就職率の欺まん、大学の銘柄にこだわりつつそれを隠す企業について歯に衣着せずに。ショーイベント化する企業説明会といった「就活の病理」も描きだしている。

「真の能力」に具体策は?

   企業が求める「能力」に大学教育が振り回されているとの指摘もあり、企業か大学かの責任問答は混とんとするばかり。他方には、この書評では触れていない構造不況やグローバル化で安い労働力が確保されやすくなった問題もしつこくからむ。

   就活に走り回る学生は実際、勉強どころではない。「真の能力を高めるために何をどう教えるべきかが問われている」と評者はまとめているが、具体策はまだ固まっていない。

   ほかに、他を知って自らを見つめろという意味か、『現代がトヨタを越えるとき』(小林英夫、金英善著、ちくま新書)が朝日に。「現代」はヒュンダイ・韓国企業。その強みと弱点を分析した。そこには、むしろ日本企業の「経営者の覇気の少なさと守り一点張りの姿勢」が。指摘されたハングリー精神の差に、評者の加藤出さんが考え込んでいる。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中