オリンパス「PEN mini」がタッチ式液晶に

印刷

   オリンパスはデジタルカメラ「ミラーレス一眼 OPYMPUS PEN mini E-PM2」を2012年10月下旬に発売する。

   従来機「E-PM1」から、小型・軽量ボディーを受け継ぎつつ、「タイムレスデザイン」をコンセプトとする「PEN」の上質さと機能美をより強調したデザインへと生まれ変わった。

「OM-D」譲りの高画質

ホワイト、シルバー、ブラック、レッドの4色を展開
ホワイト、シルバー、ブラック、レッドの4色を展開

   「PEN」らしい、カメラの質感に合わせたスタイリッシュなグリップを採用し、ホールディング性もあがった。

   画質も、1605万画素Live MOSセンサーを搭載、同社のマイクロ一眼最上位機「OM-D」譲りの高さを実現した。また、ライブビュー画面に触れるだけで撮影できる「タッチAFシャッター」のため、3.0型の背面モニターは静電容量式のタッチパネル液晶となっている。

   アートフィルターは従来の11種類に新フィルターの「ウォーターカラー」をくわえた12種類を搭載し、作画効果をアートフィルターに付加できる「アートエフェクト機能」にも「モノクロ」を追加。さらに多彩な表現が可能になった。

   ホワイト、シルバー、ブラック、レッドの4色を展開する。

   推定市場価格は、本体のみが5万円前後、レンズキットが6万円前後、ダブルズームキットが8万5000円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中