ドラマ化決定「まほろ駅前番外地」 電子版と文庫本で同時配信・発売

印刷

   『舟を編む』(2012年本屋大賞)などで知られる三浦しをんさんの『まほろ駅前番外地』(文藝春秋)の「電子版と紙の文庫本」が、主要電子書店で同時配信・発売されている。

「スピンアウトストーリー」も収録

『まほろ駅前番外地』
『まほろ駅前番外地』

   2013年1月からテレビ東京系で連続ドラマ化(主演・瑛太、松田龍平)が決まっている話題作だ。

   06年に直木賞を受賞した『まほろ駅前多田便利軒』で活躍した多田らが中心の物語に加え、お馴染みの登場人物らが主人公となる「スピンアウトストーリー」も収めている。09年発表作品で今回、電子版・文庫化した。

   配信開始は、2012年10月12日(文庫版発売は10日)から。いずれも530円。電子書店「honto」などで購入できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中