「荷物持ち男子」はパシリだ! 「ナデシコ精神」ギャル、熱く語る

印刷

   街を歩いていると、よく見掛ける男性(彼氏)が女性(彼女)のバッグを持ってあげている光景。

   確かに重~い荷物が入ったバッグを持ってくれることに越したことはないけれど、何だか男性が荷物持ちかのようになった光景にはどこかシックリこない人も多いのでは!?

   では、ギャル達にとって、男性が自分のバッグを持ってくれることに対してどう感じているのでしょうか。

「バッグ持ち男子 アリ」が6割

アリ?ナシ?
アリ?ナシ?
『どうでもいいけど、何だかちょっと気になる…』

   今回は、そんなテーマにスポットを当て、調査してみました!

   まず、この男性が女性のバッグを持つ行動に対し、アリなのか、それともナシなのかを調査してみると…。

■アリ…59.6%
■ナシ…40.4%

といったように、約60%のギャル達は、バッグを持ってもらうことに対し抵抗を持っていないことが分かりました。一見、バッグを持ってもらう光景は、女性の方が優位な立場に見えたり、男性が情けなく見えると思ったりする人も少なくないと思われます。

   では、なぜ6割のギャル達は、男性がバッグを持つ行動に対してアリだと思うのでしょうか?早速、理由を聞いてみました。

   編集部員『バッグを持ってもらうことに抵抗はないの?』

   ギャルA『抵抗!?ないかな(笑)だって、彼氏には常に優男でいて欲しいもん!』

   ギャルB『うちも彼氏に持ってもらう派!周りに自分の彼氏だって地味にアピれるしね!』

   ギャルA『そうそう!それに、重いバッグを持ってくれたら彼氏が男らしく見える!』

   このように男性がバッグを持つ行動を紳士的で頼もしく感じるのはもちろん、バッグを持ってくれることで、お姫様扱いしてもらっているような心情にまで至っていることが分かりました。

   つまり、「アリ派」のギャル達にとっては、自分へ好意を抱いているからこその行動だし、気を遣ってくれていることをダイレクトに感じられる究極の「優しさライセンス」になっている、と言っても過言ではないでしょう。

「バッグを持とうか!?」といった声を掛けて欲しい

   しかし、『ちょっと待ったー!!』とナシ派のギャルも黙っていません。

   ナシな理由としては、

『メンズがパシリみたいに見えるからヤダ』
『その光景が周りから見てかっこよくないからウチはしない』
『バッグぐらい自分で持てるよ、男が下に見えてダサい』

といったように、一歩引いて男性を立てるような大和撫子精神を持ちたいと思っているようで、ギャルの中でもこのように意見が食い違うことが分かりました。

   つまり、仮に男性の中で「バッグを持つこと=優しさ」だと思っていたとしても、相手がナシ派の女性であることも想定出来、反対に「バッグを持つこと=かっこ悪い」と思っていても、相手がアリ派の女性の場合には、「気を遣えない男」と捉えられるのかもしれません。

   そんな両者のギャル達は口を揃えてこう言います。

   「勝手に持つのではなく、『バッグを持とうか!?』といった声を掛けて欲しい」と――。

   この言葉を掛けることで、アリ派かナシ派かが判明し、彼女がどちら側のタイプかが分かると言うのです。もちろんバッグを持つ、持たないでその後の恋愛模様が左右されるとまではいかないですが、ギャルが言うような言葉を掛けることで恋愛関係を円滑に出来る1つの要素と受け取っても良いのかもしれませんね。

   にしても、私自身も同じ女性ではありますが……。

   女心と秋の空といったことわざのように、女性の心理を読み解くのは難しいものですね。

   男性が女性のバッグを持ってあげているこの行為……みなさんにとってアリですか?それともナシですか?

GRP編集長・まぁ~さ

「彼女のバッグ持つ男子」アリ?ナシ?
アリ
ナシ
状況による
分からない
その他

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中