2020年 10月 1日 (木)

村上春樹氏はなぜ受賞逃したか 過去の「ノーベル賞作家」読み「傾向」探る

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   今年(2012年)のノーベル文学賞は『赤い高粱』で知られる中国の莫言氏に決まった。最有力と期待された日本の村上春樹氏は残念ながら受賞を逃した。ノーベル文学賞の基準とは、どんなものなのか。過去の受賞作家の作品を読んでみる。J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(http://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中。

「東洋のオデュッセイア」

『霊山』
『霊山』
『霊山』

   莫言氏のノーベル賞受賞は、中国国籍の作家として初めての受賞だが、中国系の作家としてはフランスに亡命した高行健氏が2000年に一足早く受賞している。しかし、中国政府は反体制的だった高氏の受賞を黙殺した。高氏は1940年に江西省南部に生まれ、北京でフランス語を学ぶが、文化大革命で下放によって山岳地帯で教師を経験する。その後、北京に戻り劇作家として活躍するが、西欧的との批判を受けパリに渡りフランス国籍を取得した。

   集英社からの『霊山』(著・高行健、訳・飯塚容、3360円)は、ノーベル賞受賞を決定づけた代表作といわれる。がんを宣告された男が霊山を探し求めてさすらう魂の彷徨を描いた長編小説で、ホメロスの叙事詩に擬せられ、「東洋のオデュッセイア」と評価された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!