球団新記録、広島・堂林翔太「150三振」が写真展に

印刷

   広島東洋カープは、球団新記録となった、2012年シーズンの堂林翔太選手が喫した150の三振シーンを集めた写真展を、マツダスタジアム(広島市)の正面1階にある「スタジアムカフェ」で開催する。期間は、2012年10月24日~11月25日。

1枚ずつ壁一面に展示

広島東洋カープのホームページ
広島東洋カープのホームページ

   2012年シーズンに一軍デビューを果たし、主に三塁手としてチーム唯一の144試合全試合出場を達成した堂林選手は、セ・パ両リーグを通じて今シーズントップとなるだけでなく、球団新記録となる150三振を喫した。

   今回の写真展では、これら全150三振の場面を1枚ずつパネルにおさめ、スタジアムカフェの壁一面に展示する。パネルは、A4サイズ99枚、A3サイズ51枚、1.8×2.4メートル13枚が用意され、「進化を続ける若きスラッガーのフルスイングを堪能してほしい」という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中