2020年 11月 24日 (火)

「値切りスト」金子哲雄さんが残した 「年収2倍」サバイバル・テクニック

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   41歳の若さで今月(2012年10月)2日に亡くなった流通ジャーナリストの金子哲雄さんには「国際値切りスト」の異名があった。モノを値切って安く買う達人だったからだ。独特の語り口でテレビでも人気者になり、デフレ時代を生き抜く知恵とヒントを授けてくれた。そんな金子さんの残した3冊を紹介する。J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中

人生を決めた100円のメロンパン

『ボクの教科書はチラシだった』
『ボクの教科書はチラシだった』
『ボクの教科書はチラシだった』

   流通ジャーナリスト金子哲雄さんのモノの値段へのこだわりは3歳のころからだ。母親に買い物を頼まれ、200円持って120円のメロンパンを買いに出掛けた。パン屋に行くと、100円の値札がついていた。それで2個買って帰ったところ、「えらい」とほめられた。初めて味わう安くモノを買う快感だった。修学旅行では安さに感動して大根と白菜を土産に買って帰った。小学館からの『ボクの教科書はチラシだった』(著・金子哲雄、1000円)は、そんな子どもの頃のエピソードとお得な買い物をするためのヒントが満載だ。

   「国際値切りスト」は、なんでもかんでもやみくもに値切るのではない。お店やメーカーに迷惑をかけずに、互いが喜び、感謝し合う値切りが信条だ。教養とは「お金をかけずにほしいものを手にいれる力」と教わった原点がここにある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!