これが立花隆の書棚だ! 本・本・本…に圧倒される写真展

印刷

   知の巨人――ジャーナリスト・立花隆氏は、時にそんな言葉で形容される。政治から科学まで、幅広い世界を舞台に著述を続ける立花氏の脳内には、はたしてどんな宇宙が広がっているのか。

蔵書10万冊の小宇宙

「立花隆の書棚」(2012年11月5~11日) (C)薈田純一
「立花隆の書棚」(2012年11月5~11日) (C)薈田純一

   それを垣間見ることができるのが、写真家・薈田(わいだ)純一氏による展覧会「立花隆の書棚」だ。その名の通り、立花氏の「書棚」そのものを被写体にした写真の数々が公開される。

   実に10万冊を超えるという積み上げられた蔵書の存在感は、とにかく圧巻だ。無言で並ぶ背表紙からは、まるで本の(そして持ち主の)息遣いが伝わってくるようにさえ感じられる。

   期間は2012年11月5~11日まで。会場は東京・新宿のPlace M。10日19時にはグラフィック・デザイナーの鈴木一誌氏と薈田氏によるトークショーも行われる(会費:900円)。Place Mサイトの関連ページから予約が必要。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中