2018年 7月 18日 (水)

香山リカ氏から橋下市長へ、今再び 「独裁」望む民意の正体とは

印刷

   橋下徹・大阪市長と、精神科医・香山リカ氏の「舌戦」が話題になってから、はや9か月が過ぎた。当時、橋下市長に「やりこめられた」と捉えられがちだった香山氏だが、2012年10月17日、橋下市長への「回答」というべき一冊を上梓した。その名も『「独裁」入門』(集英社新書)。

香山氏が明かす「対決」の正体

『「独裁」入門』(香山リカ著、集英社新書)
『「独裁」入門』(香山リカ著、集英社新書)

   同著がメインテーマとするのは「バブル崩壊以降、日本で暮らす私たちがどんな心理状態に置かれているか」だ。香山氏は経済面の後退、震災・原発事故、対外摩擦などに見舞われる日本には、「不振と苛立ちに満ちた『民意』」が満ちていると読み解く。そして精神科医としての目から、人々が心の安定を保つために働かせる「心的防衛メカニズム」が、すべてをはっきりさせてくれる「ヒーロー=独裁的リーダー」待望論につながることを解説する。

   「独裁型ヒーロー」の典型ともいえる橋下市長と、香山氏の論争の経緯についても同著はページを割く。「対決」はなぜ行われなければならなかったのか。当事者自らによる貴重な分析だ。

   735円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中