2018年 7月 20日 (金)

ザバッとキーボードにコーヒー それでもへっちゃら「洗い流せる」

印刷

   ロジクール(東京・港区)は2012年11月9日、水で洗い流せるフルサイズキーボード「ウォッシャブル キーボード k310」を発売する。価格はオープンだが、直販価格は3480円。

最大30センチまで沈められる

イメージ画像
イメージ画像

   飲み物をこぼしたり、ほこりで汚れたりしても、簡単に洗い流せるキーボード。キッチンの流水で洗い流せるだけでなく、最大30センチまで水中に沈められるので、付属のクリーニング用ブラシを使って「しっかりと汚れを落とすことができる」という。キーボードの裏には排水口を設置したほか、レーザー印刷されたキートップにはUVコーティングを施すことで、繰り返し洗って文字が消える心配を無くした。

   タイピングしやすい標準的な19ミリのキーピッチを確保した薄型設計で、500万回のキーストロークに耐えられる耐久性も備えている。また、ファンクションキーを12個付属し、ブラウザやEメールアプリケーションの起動、メディアプレーヤーの再生や音量のコントロールがワンタッチで行える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中