2020年 1月 27日 (月)

iPad対Windows 8どっちが話題? ネット注目度徹底比較

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   iPad mini(アイパッド・ミニ)と第4世代iPadが2012年10月24日発表されてからの1週間、日本はITの話題で持ちきりとなった。

   アマゾンのKindle(キンドル)、マイクロソフトのWindows(ウィンドウズ)8、そしてグーグルのNexus(ネクサス)10――これら新製品・サービスの中で、ネット上で最も「注目」されたのは、実際のところどれなのか。各種検索サービスなどから調べた(数字はいずれも10月31日時点)。

Window 8とKindle「瞬間風速」ほぼ互角

「ピーク時」の1日当たりTwitter・Facebook投稿数比較(Yahoo!リアルタイム検索より、数値は本文参照)。iPadの圧倒的な人気がうかがえる
「ピーク時」の1日当たりTwitter・Facebook投稿数比較(Yahoo!リアルタイム検索より、数値は本文参照)。iPadの圧倒的な人気がうかがえる

   日本国内のTwitter(ツイッター)およびFacebook(フェイスブック)の投稿を検索する「Yahoo!リアルタイム検索」のデータによると、「iPad」「Kindle」「Windows 8」「Nexus」の各キーワードを含む投稿数は、ピーク時の1日当たりで、

iPad:158424(25日)
Kindle:49994(26日)
Windows 8:54749(27日)
Nexus:26630(25日)

という数字となった。アイパッドが圧倒的な強さを見せつける一方で、ウィンドウズとキンドルは接戦を繰り広げた。グーグルのネクサスは、肝心の新モデル「ネクサス10」発表日(30日)よりも、アイパッド・ミニ発表(25日)の際に競合製品として話題に上った回数の方が多く、いささか存在感が薄いようだ。

   なお端末名にキーワードを絞ると「iPad mini」の83165件に対し、「Kindle Fire」「Kindle Paperwhite」はそれぞれ9970件、7619件、「Nexus 7」「Nexus 10」は1万9939件、9006件だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!