iPhone5ごと食べちゃえ?? 専用ケースの正体は「せんべい」

印刷

   楽喜(山口・美祢市)が運営する通販サイト「いきいきグルメドットコム」は2012年11月5日、食べられるiPnone(アイフォーン)5専用ケース「サバイバルせんべい」の予約受け付けを開始した。発送は、注文日から1か月前後となる。

「装着するときに割れる確率76%」

玄米と塩でできたせんべいを使用
玄米と塩でできたせんべいを使用

   「世界一割れやすいケース」とうたうサバイバルせんべいは、食べられる本物のせんべいをアイフォーン5専用ケースにしたもの。ケースが割れてしまった場合はそのまま食べられるだけでなく、割れなかった場合でも、急な空腹や遭難などといった緊急時に活用できるのが売りだ。

   せんべいは、山口県産の玄米と塩を使用して製造され、秋をイメージした自然な色合いと、玄米の香ばしい香り、手触りが楽しめる。ボタンやイヤホン、カメラの操作には「何とか支障が出ないよう配慮した」という。

   なお商品紹介ページでは、「取り扱い上の注意(必読)」として、

「届くまでに割れる確率9%」
「アイフォーン5を装着するときに割れる確率76%」
「落としたときに割れる確率120%」

などと、ケースが割れてしまう危険度を示している。

   価格は、3818円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中