「月額150円でマンガ雑誌読み放題に」 赤松健氏構想に注目集まる

印刷

   Kindle(キンドル)上陸で「電子書籍」への注目が高まっているものの、日本ではまだまだ電子書籍ビジネスは思うような成功を収められていない。

   そんな中、漫画家の赤松健さんがインタビューで語った配信モデルに、ネット上で注目が集まっている。それは、

「150円払えば、2週遅れで電子化した『週刊少年ジャンプ』『週刊少年サンデー』『週刊少年マガジン』『週刊少年チャンピオン』がすべて読める」

という「定額制」配信のアイデアだ。

「紙と同じ値段設定はダメです」

赤松健さんが運営する電子書籍サイト「Jコミ」。作者の了解の元、絶版作品を広告付きで無料配信している
赤松健さんが運営する電子書籍サイト「Jコミ」。作者の了解の元、絶版作品を広告付きで無料配信している

   赤松さんは「ラブひな」「魔法先生ネギま!」などのヒットで知られる一方、2010年に電子書籍配信サイト「Jコミ」を立ち上げ、絶版漫画などの無料公開に取り組んでいる。2012年10月24日、ニュースサイト「bizmash(ビズマッシュ)!」に掲載されたインタビューで赤松さんはJコミについて語り、上記の構想はその中で飛び出した。

   赤松さんはインタビューの中で、漫画雑誌を買わない「単行本派」の増加で、売れる漫画と売れない漫画に極端な差が生じていることを指摘する。「ONE PIECE(ワンピース)」の単行本が連載誌を100万部上回る400万部を売る一方、「メジャー誌内で連載しているマイナーマンガの発行部数は、10万部を余裕で切っています」。漫画雑誌の不振により、新しい作品との「出合い」の機会が減っていると赤松さんは見る。

   そこで赤松さんが提案するのが、「2週間遅れでの定額配信」だ。

「2週間遅れだから出版社にも書店さんにも迷惑がかからないし、何より『雑誌内で目的としている以外のマンガに出合う』という体験を読者に提供できる」

   思い切った価格設定に見えるが、「紙と同じ値段設定はダメです」と赤松さんは強調、むしろ電子書籍ならではの付加価値を追求すべきだと語る。

「実現したら電子書籍に火がつく」

   現在、電子書籍は単行本1冊単位での販売がほとんどで、雑誌をこのような形で(しかも安価に)「定額配信」するというモデルは見あたらないようだ。赤松さんの構想に、既存の電子書籍配信モデルに批判的な人も含め、ネット上では賛同の声が広がっている。

「これ実現したら凄いことになりそうだな。不発気味の電子書籍に一気に火が付くかも」
「漫画は発売したらすぐ読みたい、とかいうたちじゃないからこのサービスはうれしい。月額300円でもいいくらいだ」
「こういうサービスで読者層が広がって単行本増えればお互いにメリットあるしな 特に弱小雑誌にはありがたいんじゃないか?」

   2週間では遅すぎる、などの声もあるが、全般的には好意的な反応が多い。実現した場合は、かなりの読者をつかむことは間違いなさそうだ。

   あくまで現時点では構想段階のようだが、Jコミを通じ新たなビジネスモデルを築きつつある赤松さんの言だけに、その行方が注目される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中