2021年 2月 28日 (日)

【書評ウォッチ】桑田佳祐を政治学者が真剣書評 まるで異種格闘技!

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

手帳の進化に新分野の気配も

   ほかには、美術作品への感動を解剖したという『構図がわかれば絵画がわかる』(布施英利著、光文社新書)を毎日新聞が載せた。美術がなぜ感動を生むかを平面、奥行き、光、人体などの構図から理解しようとする。評者の養老孟司さんに「読み終わったら、見る風景ことごとくが構図に見えだした」と言わしめた。

   秋深まる時季、書店には2013年用の手帳が。日経の記者コラム「活字の海で」が手帳の進化をとり上げた。旅行ガイドやさまざまな情報を提供、カラフルな版画入りや友禅柄の表紙も。光村推古書院の「京都手帖」、宮帯出版社の「京ごよみ手帳」、リーフ・パブリケーションズの「京都毎日手帖」と、京都ものが代表格。新分野開拓の気配も感じられる。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!