2018年 7月 17日 (火)

パワートレイン全体で燃費性能向上 マツダ「キャロル エコ」

印刷

   マツダは2012年11月8日、軽自動車「キャロル」に新機種「キャロル エコ」を追加し、発売した。メーカー希望小売価格は、90万5500円~100万5500円。

アイドリングストップシステムも

写真は、「ECO-S」モデル
写真は、「ECO-S」モデル

   「キャロル」の売りである、シンプルで使い勝手の良い点はそのままに、動力性能と環境性能を高い次元で両立した新世代エンジンを採用したほか、摩擦抵抗を低減するためのCVT(無段変速機)の改良や、軽量かつ空力特性の優れたフロントバンパーの採用など、パワートレイン全体で燃費性能を向上させることにより、30.2キロ毎リットル(JC08モード)の燃費を達成した。

   また、停車時に加え、停車直前の減速時からエンジンを停止させる「アイドリングストップシステム」も新たに装備している。

   ボディーカラーは、専用色「リーフホワイト」など全6色を用意した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中