2018年 7月 19日 (木)

ボジョレー解禁日に挑戦状!? 長期熟成するビール「麦のワイン」発売

印刷

   サンクトガーレン(神奈川・厚木市)は、2012年11月15日のボジョレ・ヌーボー解禁日に、ワインのように長期熟成するビール「麦のワイン」2種類を各6000本限定で発売する。希望小売価格は、2種類とも300ミリリットル入りで1050円。

とろりとした口当たり

写真は、ウィートワイン(小麦のワイン)
写真は、ウィートワイン(小麦のワイン)

   大麦のワイン「バーレイワイン」と小麦のワイン「ウィートワイン」が登場する。通常のビールの2.5倍以上(同社比)にも及ぶ麦芽や、麦汁の濃度が高い部分だけを使用することで、濃厚でみつのようにとろりとした口当たりが特徴となっている。特にウィートワインの主原料である小麦は大麦よりもタンパク質が多く、液の粘度が強くなり、より「とろみ」が感じられるという。

   ビールの苦味と香りのもとになるホップはウィートワインで2.7倍、バーレイワインでは6倍以上もの量を使用した。アルコールはどちらも約10%。

   出荷時点で通常(2~3週間)の6倍の熟成期間を費やしているので、すぐに飲んでも熟成感があるが、購入後に1年、2年…と熟成させると、香りも味わいも深みを増すという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中