薄型、軽量、しかも高容量 ソニーの「フラットデザイン」USBポータブル電源

印刷

   ソニーは2012年11月14日、スマートフォンやタブレットなどを充電できるフラットタイプのUSBポータブル電源「CP-F1L」と、その2倍の容量を持つ「CP-F2L」を発売する。

容量7000ミリアンペア時モデルも

つないで充電
つないで充電

   薄型・軽量のアルミボディーを採用し、スマートフォンやタブレットと一緒に持ち運ぶ際に便利なフラット形状としたポータブル電源だ。コンセントで充電しながらも、同時にスマートフォンへの給電が可能となっている。

   厚さ約9.4ミリ・質量約125グラム、容量3500ミリアンペア時の「CP-F1L」は、コンセントから約4時間(ACアダプター使用)で満充電でき、約1.5回スマートフォンを充電可能だ。一方、薄型約12.9ミリ・質量約198グラム、容量7000ミリアンペア時の「CP-F2L」は、約7.5時間(ACアダプター使用)で満充電可能で、約3回スマートフォンを充電できる。「CP-F2L」には、USB出力ポートを2つ搭載した。

   価格はオープンだが、「CP-F1LSVP」(ACアダプター無し)が4500円前後、「CP-F1LSAVP」(ACアダプター同梱)が5000円前後、「CP-F2LSAVP」(ACアダプター同梱)が7000円前後とみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中