【書評ウォッチ】書評欄にも「解散」風が 政治学者同士の場外論争

印刷

   日米中韓、あちこちで政権が節目にきた。日本でも衆議院の解散・選挙のムードが徐々に高まっている。『政権交代』(小林良彰著、中公新書)と、ズバリのタイトルで、ここ三年余の民主党政治を中心に考えた本が東京新聞に載った。

   前回の総選挙で政権は自民党から民主党へ、さらにこれからの民主主義は……投票分析を専門とする政治学者が論じた。内容を当たり障りなく紹介するのではなく、反論を交えた書評を別の政治学者が展開している。にわかに論争の様相が、おもしろい。【2012年11月11日(日)の各紙からI】

比例代表制vs小選挙区制 どっちが良いか

『政権交代』(小林良彰著、中公新書)
『政権交代』(小林良彰著、中公新書)

   2009年8月の総選挙で、自民党が敗れ、今の民主党政権ができた。「国民が初めて投票によって直接に政権交代を起こした歴史的な出来事」「しかし、その後の民主党の政権運営はかつてない混迷、漂流状態」とまず、この流れを評者・名古屋大の後房雄さんが解説。

   本は、その総選挙で有権者は「民主党に投票した」のではなく「自民党に投票したくなかった」と分析。あれは自民党政権への「懲罰投票」だった、各党の政策を評価してやったわけではないと指摘する。

   さらに、鳩山、菅、野田政権の経過をたどったうえで、代議制民主主義は機能不全を起こしているとピシャリ。政党を重点にした比例代表制への転換を中心に首相国民推薦制などを提案する。

   一見新鮮ではあるのだが、これに評者が著者の「最大の問題点は」「小選挙区制は民主主義になじまないと断言するが」の言葉を使って、異議を唱える。「民主主義のタイプの違いを認識すべきである」「今必要なのは、ようやく政権選択という歴史的経験を生み出した小選挙区制をいかによりよく機能させるかという改革案のはずである」と、こちらは小選挙区制擁護論。どちらの選挙制度が良いのか、まさに政権交代を左右する問題に触れている。

いま指導者交代の中国を見きわめる

   中国では共産党大会。厳密には指導者交代だが、巨大国家の今後を見きわめようというのが朝日読書面のトップ記事。評者・中国社会論の園田茂人さんが関連本を薦めている。

   『中国は、いま』(国分良成編、岩波新書)は、中国全体をとりまく問題をコンパクトにまとめた。以前なら政治と経済を切り離す「政冷経熱」もあったが、「すでに別の局面に入っているようにも思える」と評者。その見取り図を示す一冊だという。

   『中国共産党』(リチャード・マグレガー著、草思社)には「支配者たちの秘密の世界」との副題が。政治とビジネス、ネットの情報管理など共産党統治の問題を詳述する。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中