2018年 7月 19日 (木)

最新技術と自然の融合 パナソニック「スマートハウス」

印刷

   パナソニックは、独自の耐震住宅工法「テクノストラクチャー」に、ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)と創・蓄・省エネ設備などの「アクティブ」設備を搭載し、「パッシブ」設計で自然の力も取り入れることが可能なスマートハウス「スマートエコイエ」を開発し、2012年11月12日に発売した。

無理せず、長らく快適に暮らす

四季を通してエネルギーを効率的に使用する住宅(写真は、スマートエコイエ・フラグシッププラン外観)
四季を通してエネルギーを効率的に使用する住宅(写真は、スマートエコイエ・フラグシッププラン外観)

   「スマートエコイエ」は、電気設備・家電をつなげる「AiSEG(アイセグ)」を搭載した独自のスマートHEMSを中心に、パナソニックグループがもつエネルギーマネジメント技術を結集し、無理なく省エネを実現できる暮らしを提案した。

   また、高い断熱性と自然の力を生かすために間取りや開口部に工夫を施した「パッシブ」(エネルギーを消費せずに室内の温度を快適にする建築手法)設計を取り入れ、四季を通してエネルギーを効率的に使用できる住宅にするとともに、高い耐震性と長寿命の構造体「テクノストラクチャー」で永く暮らせる住宅を実現した。

   全国399社(2012年9月時点)のパナソニックビルダーズグループ加盟店が建築を受注し、設計、施工を請け負う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中