2018年 7月 24日 (火)

明るさ感知で光を調整 シャープ「エコセンサー」LEDライト

印刷

   シャープは、通常の点灯時に比べて最大約68%の省エネを実現するラウンドスクエアデザインのLEDシーリングライト(8機種)を、2012年11月中旬に発売する。

部屋の雰囲気に合わせて調光

ラウンドスクエアデザインのLEDシーリングライト
ラウンドスクエアデザインのLEDシーリングライト

   外光を検知して自動で余分な明るさを抑え、電力を削減する「エコセンサー」技術と、目の順応特性を考慮し徐々に明るさを抑える「エコ調光」技術で、通常の点灯時に比べて最大約68%の省エネを実現した。

   また、LEDを効率よく配置した独自のモジュール設計と、それにあわせた電源回路設計で、「DL‐C513V」は固有エネルギー消費効率が従来機比約37%アップして1ワット(W)あたり108.3ルーメン(lm)を実現。さらに「調色・調光機能」の搭載で、部屋の雰囲気や用途にあわせて、寒色から暖色まで光の色と明るさを選べるようにした。

   オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中