2018年 7月 18日 (水)

「立体感あふれた映像楽しめる」BDレコーダー スマートディーガ「最上位」モデル

印刷

   パナソニックは2012年11月20日、「スマートディーガ」シリーズの最上位モデルとして、ハードディスク搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー「DMR-BZT9300」を発売する。本体希望小売価格はオープンだが、想定実売価格は40万円前後とみられる。

最大4番組の同時録画も

新4K対応エンジン搭載
新4K対応エンジン搭載

   新開発の4K対応システムLSI「新ユニフィエ」を搭載。基本画質の向上に加え、独自の「4Kダイレクトクロマアップコンバート方式」と「4K超解像」により、高画質4K/24pアップコンバート出力を実現し、「鮮度が高く、自然な質感と立体感にあふれた映像が楽しめる」という。

   ネットワーク/ハイレゾオーディオに対応し、192キロヘルツ/24ビットの音声ファイルフォーマット「FLAC」など、CDを超える高音質音源の再生が行える。

   また、3つのデジタルチューナーを搭載し、3番組同時の15倍録画も可能なほか、スカパー!プレミアムサービスのチューナーを同時に使用することで、最大4番組の同時録画もできる。「スマート検索」機能により1画面で複数条件を設定でき、番組表や録画一覧から目的の番組の検索が簡単になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中