2019年 11月 16日 (土)

「100円未満食べ物」最強はどれ? コンビニ激安食品「八傑」はこれだ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   あまり普段意識しないが、コンビニには「100円未満」で買える食べ物が意外と多い。

   コンビニ客の1回の平均買い物額は604.3円という(日本フランチャイズチェーン協会調べ、2011年)。政局混迷、景気低迷が続く中、600円もあれば「両手にいっぱい」買えるこれらの商品はまさに庶民の味方だ。おなじみの商品から意外な伏兵まで、こうした「激安」食品からコストパフォーマンスや意外性、ブランド力などの観点から、編集部の独断で「八傑」を策定してみた(以下、順不同)。

ガリガリ君はローソン夏アイスランキングNo.1

とりあえず、コンビニで100円を切る商品を手当たり次第に購入した。これだけ買っても、総額は1500円に満たないのがすごい。
とりあえず、コンビニで100円を切る商品を手当たり次第に購入した。これだけ買っても、総額は1500円に満たないのがすごい。

(1)コロッケ:50~80円前後

激安度/☆☆
満腹度/☆☆☆
意外度/☆☆

   近年各コンビニが相次いで投入しているのが、100円を切る価格のホットスナックだ。特にコロッケは各社ともに力を入れ、さまざまなバリエーションを発売している。揚げたて感覚でこの値段、十分に昼食の主力たりうる。


(2)ゆでたまご:70円前後

激安度/☆
満腹度/☆☆
意外度/☆☆

   昼食にちょっと一品ほしいかな、というときの強い味方がこれだ。すでに味が付けられていて、そのまま食べられる。また姉妹品として「温泉たまご」も同程度の価格で販売されている。麺類などのトッピングにもぴったりだ。


(3)ガリガリ君(赤城乳業):62円

激安度/☆☆
満腹度/☆☆
意外度/☆

   「激安アイス」の帝王といえば、なんといってもこれだろう。ローソンの2012年夏(7月1~23日)のアイス売り上げランキングでも、「梨味」とオリジナルの「ソーダ味」が1位・2位を独占した。2012年11月13日からは、新味「白いサワー」も発売されている。


(4)チロルチョコ(チロルチョコ):20円

激安度/☆☆☆
満腹度/☆☆
意外度/☆

   レジの横においてあると、ついつい1個買ってしまうという人も多いのでは。各地で売り切れを起こして話題を読んだ「きなこもち」も、2013年の発売10周年を記念して現在復活中だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!